Melbourne-via-London electronic musician Super Magic Hats is set to release his second album, “Wish”, via Tokyo-based label PROGRESSIVE FOrM, with CD released in Japan on 10th March 2017, and digital released worldwide on 29th March 2017.

 

Following on from his debut, “Separation” (Hush Hush Records, 2016), Super Magic Hats has been ensconced in his studio in Melbourne’s inner north for 15 months writing and recording a collection of tracks that further explore the boundaries of his colourful musical world.  Whilst Separation presented subjects of displacement and melancholy under bright layers of sound, Wish approaches the world in a more positive and direct manner.  Themes of emotional uncertainty and displacement remain but are presented in a sympathetic manner, underpinned with a determination to overcome.  Beats are stripped back in order to let chord washes and melodies come to the fore, and playful samples nestle with analogue synth lines.  

In a departure from Separation, much of Wish was recorded in live takes from a modular synth that Super Magic Hats has spent the past 18 months accumulating parts for, and which has become a central part of his creative process.  Wish also features contributions from previous vocal and lyrical collaborator Mayumi (Chelsea Terrace/Grey Nightly) as well as Melbourne friends Rosaline Yuen (vocals/lyrics) and Chris Oldfield (guitar/keys), and stunning cover art by Japanese artist Izumi Fontana.

All Tracks Produced, Composed, Performed, Arranged and Mixed by Super Magic Hats, 2015-2017, Melbourne, Australia

Except
01, 04 and 13 Vocals by IA
02 Vocals by Iroha & IA
05 Vocals and Lyrics by Mayumi (Chelsea Terrace, Gray Nightly)
06, 07, 08 and 11 Vocals by Hatsune Miku
09 Vocals and Lyrics by Rosaline Yuen
10 Guitar and Piano by Chris Oldfield
11 Rhodes by Chris Oldfield
13 Additional Production by Chris Oldfield

Mastered by Adam Straney (Breakpoint Mastering)
Artwork by Izumi Fontana

キッチュで聴き手の情感に寄り添う温かいサウンドを表現するロンドン育ち/メルボルン在住のミュージシャン兼プロデューサーRob Mastertonによるソロ・プロジェクト”Super Magic Hats”の2ndアルバム。

ドリーム・ポップ・チルウェイヴといったイメージを軸に 一聴するとコケティシュかつスタイリュシュな印象を持つサウンドの中に、温かさ、楽しさ、懐かしさ、物悲しさといった都度の感情から想起される叙情性がより深い音楽性とともに瑞々しく帰結しており、90年代から脈々と受け継がれる良質なダウンテンポ~ブレイクビーツを踏襲した無駄のないプロダクションと相まい、制作に15ヶ月以上をかけたという本作を確かなものとしている。またロンドン~メルボルンなどで培ったであろう80年代以降の多様なサウンドがSuper Magic Hatsの手腕の中で見事に昇華されており、それが本作の世界観を広げ魅力的なものにしている。

ゲストヴォーカルとして、シューゲイズロックポップユニットChelsea Terraceと併行してソロプロジェクトGrayNightlyとしても活動するMayumi、ロンドンとメルボルンを拠点に活動するボーカリスト/作曲家/プロデューサーRosaline Yuenが参加しているほか、M1/4/13でIA、M2でIrohaとIA、M6/7/8/11で初音ミクを起用、日本の音楽にとても詳しい彼が創り出す音楽 はあたかもウルリッヒ・シュナウス×ボーカロイドといった趣きとして感じ取れるかもしれない。

マスタリングは、シアトルを拠点にユニットThe New Lawなどのアーティスト活動と併行してBreakpoint Mastering主宰するAdam Straneyが担当、またアートワークは、絵本や様々なアート作品のみならずイベントや個展でも活動中の人気イラストレーターIzumi Fontanaが担当する。

 

◆プロフィール Super Magic Hats

ロンドン育ち/メルボルン在住のミュージシャン兼プロデューサーRob Mastertonによるソロ・プロジェクト”Super Magic Hats”。
ポップなメロディーを主軸にノイズと実験性を織り交ぜたキッチュなサウンドを展開、一般的な楽器以外の物をも含めたサンプリングをベースに心地よい空間系エフェクトを施し複雑かつ綿密に構築し、聴き手の情感に寄り添う温かい楽曲をプロデュースしている。

これまでに、米シアトルのHush Hushレーベルよりアルバム『Separation』を2016年5月にリリース、4枚のEP『Daydram』(Hush Hush 2015)『Slowly』(Tanukineiri 2015)『Kumori』(Hush Hush 2014)『Super Magic Hats』(Self 2013)、また4枚のシングルをリリースする。

Super Magic Hatsの楽曲「Happy Jazz」と「Hangin’」がオーストラリアとメルボルンの大手ラジオ曲<Triple J>と<Triple R>で大きく取り上げられたことにより2011年にまずはメルボルンのシーンで注目されることになる。それが発端となり楽曲「Happy Jazz」はBleep.comの未契約トラックを集めた部門で4,000曲の中から最優秀を獲得、英BBCの<Radio 6>でもオンエアーされさらに高い評価を得ることとなり、エレクトロニックのニューカマーを収録したBleepのコンピレーションにも収録される。

同年9月からライブ・パフォーマンスも開始、その後シドニー出身のインディー/ダンス・バンドRÜFÜS(RÜFÜS DU SOL)、Warner MusicオーストラリアのアーティストThe Kite String Tangle、米Ghostly InternationalのShigetoらのツアーをサポート・アクトとしてオーストラリアの有名な会場で数多い公演を行う。

そして2017年3月、制作に15ヶ月以上をかけ、より音楽の深さと叙情性を纏わせた秀逸な2ndアルバム『Wish』をリリースする。

発売日   : 2017年3月10日(金曜日)
アーティスト: Super Magic Hats(スーパー・マジック・ハッツ)
タイトル  : Wish(ウィッシュ)
発売元   : PROGRESSIVE FOrM
販売元   : BRIDGE INC.
規格番号  : PFCD66
価格(CD) : 税抜本体価格¥2,000
収録曲数  : 13曲
JAN     : 4582237836127